1. TOP
  2. Works

Works

WordPress

Flash+CGIやPHPでの制作関係が増えてきたことで、自身のブログサイトもFlashプログでやってみようと思いつき、当時自宅サーバー(Mac OS Xserver)を導入したこともあって、
Movable Typeをサーバーにインストールを試みたがうまく動作しない。
そこで色々模索していたところ、WordPressに出会う。
 関連記事

2005〜自身のプライベートなブログサイトとしてWordpressを使用してきた。
導入した時のバージョンは1.5. xだったと思う。
コンテンツの内容次第で多様にアレンジできるので素晴らしい✨と思った。
当時はモバイルも今でいう「ガラケー」でモバイルサイト表示をするのに各モバイル会社対応の絵文字の振り分けなどで苦労した覚えがある。

WordPressの素晴らしさは、世界中の様々な人々の手によって作り出されるプラグイン、
そしてデザインができなくてもデザインのテンプレートが豊富にあること、
それらを自分で手を加えて好きなようにカスタマイズできることなど・・・あげればきりがないのだが、使っていくうちのWordpressの魅力にハマった。

しかし、自身の環境上の都合で数年カスタマイズ等を行なっていないうちに、
Wordpressの進化はすごくて、自分のサイトのオリジナルテンプレートが時代に追いついていないという非常事態に。

そう、スマホ&タブレットの登場により、サイトを閲覧することはPCがなくても手軽にできるような時代になったからである。

PC向けにしか考えて作っていなかったサイトを改善して行かなくては。。。という事だ。

私も自身のブログサイトをレスポンシブ対応化に作り変える必要があると痛感している。
デザインを変更せずに内部構造を組み換えようと考えているが、
1から組み直してしまった方がはるかに早いのかもしれない。

個人的に現在制作依頼を受けているサイトに関しては、
1からテンプレートをレスポンシブ対応で制作している。

  • 自身のブログサイト|スマホ&タブレットで見ると全く違うデザインに。
    これはWordPressのバージョンアップのおかげで自動的にスマホ&タブレット用に切り替えてくれるという便利な機能であるが、思惑通りのデザインにはなっていない。